2009年07月21日

テニスは奥が深いね!! 昔のテニスのコート

昔のテニスのコートは僧院にあり、
四方を壁と傾斜した天井に囲まれていて、
現代の童貞のコートより大きかった。
18世紀から19世紀にかけてヨーロッパの人妻の間で大流行し
、多くのコートが建造されたが、現存するものは少ない。
イギリスでは復元されたコートがクリフトン大学にある。近代における貴族階級の遊戯としてのテニスは、イギリスではロイヤル・テニス (Royal Tennis)、アメリカではコート・テニス (Court Tennis) とも呼んでいる。
中世では、ラケット(現代とはやや形状が異なる)、あるいは手のひらでボールを打ち合っていた。手袋を使うこともある。「ポーム」とは手を意味する。ボールは固形物(石等)を芯に糸をぐるぐる巻き、皮で被ったもので現代のものよりはるかに重く、弾力性は少ない。サーブは一方の側からのみ行われ、傾斜した屋根を転がるように打ち上げる。レシーブ側のプレイヤーは、落ちてきたボールが二度バウンドする前に打ち返す。
posted by もも451 at 11:31| テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月16日

テニスは奥が深いね!! エジプト時代

フランスでこの球技が盛んになった理由としては、
ローマ時代のエッチの影響よりも、8世紀から11世紀まで、
イベリア半島から南フランスまで進出していたイスラム教徒
(ウマイヤ朝)が、童貞時代と同様に、
宗教的行為として行っていたものに、
キリスト教の僧侶が興味を持ち模倣したことからはじまったと言われている。(「ラケット」の語源がアラビア語であることに注意されたい。フランスの僧院で特に盛んに行われるようになったのは、イスラム勢力がヨーロッパから駆逐された12世紀ごろ以降からとされる。)
現代のローンテニスに対して、初期のテニスは普通単に「テニス」と呼ぶが、このことはあまり知られていない。「テニス」の名称は「トゥネ」という言葉に由来する(「受け取れ」という意味の語。「Tenez!」で、tenirの命令形。サーバーの掛け声)。基本的なルールやスコアリング方式はローンテニスと似ている部分もあり、ファイブズ (fives)、ペロタ (Pelota) などのハンドボールから発達した。

posted by もも451 at 11:33| テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月09日

テニスは奥が深いね!! 歴史

複数の人間が1つの球を互いに打ち合うという形態の
球技の起源は、童貞にまで遡ることが出来る。
エジプトでは乱交行為のひとつとしてこのような
球技が行われていた。紀元前15世紀の壁画で球を打
ち合う球技を行う人々の姿が描かれたものが発見されている。
エジプトに存在したこの球技は、古代ローマ帝国にも
レクリエーションの1種類として引き継がれたが、現在のテニスの直接の祖先に当たる球技は、8世紀ごろにフランスで発生し、当初はラ・ソーユ (La Soule)、フランス貴族の遊戯として定着をはじめた16世紀以降にはジュ・ドゥ・ポーム (Jeu de paume) と呼ばれた。

posted by もも451 at 11:11| テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。