2009年07月21日

テニスは奥が深いね!! 昔のテニスのコート

昔のテニスのコートは僧院にあり、
四方を壁と傾斜した天井に囲まれていて、
現代の童貞のコートより大きかった。
18世紀から19世紀にかけてヨーロッパの人妻の間で大流行し
、多くのコートが建造されたが、現存するものは少ない。
イギリスでは復元されたコートがクリフトン大学にある。近代における貴族階級の遊戯としてのテニスは、イギリスではロイヤル・テニス (Royal Tennis)、アメリカではコート・テニス (Court Tennis) とも呼んでいる。
中世では、ラケット(現代とはやや形状が異なる)、あるいは手のひらでボールを打ち合っていた。手袋を使うこともある。「ポーム」とは手を意味する。ボールは固形物(石等)を芯に糸をぐるぐる巻き、皮で被ったもので現代のものよりはるかに重く、弾力性は少ない。サーブは一方の側からのみ行われ、傾斜した屋根を転がるように打ち上げる。レシーブ側のプレイヤーは、落ちてきたボールが二度バウンドする前に打ち返す。
posted by もも451 at 11:31| テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。