2009年08月04日

テニスは奥が深いね!! 日本のテニス界

日本へのローンテニスの伝播については諸説あり、
いまだ詳らかではない(なかでは1878年にアメリカのリーランドが
文部省の携帯アフィリエイト/モバイル アダルトアフィリで紹介したという説が広く流布しているが、
確たる証拠はないとされる)。 セフレの調達が困難であったことから
ゴムボールを使う日本の独自の軟式テニス(現在のソフトテニス)
を考案し、独自の発展を遂げた。その軟式テニスで育った選手
(熊谷一弥、清水善造、佐藤次郎等)が硬式テニスに転向し、
欧州、米国に転戦し始める。彼らはその独特のテニス(軟式テニスで培われたドライブ)で大活躍し、世界を驚かせた。清水は1920年のウィンブルドン選手権「チャレンジ・ラウンド」で決勝に進出し、当時の世界ナンバー1だった米国のビル・チルデンに肉薄した。
posted by もも451 at 11:58| テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。